保温ポーチ

モバイルバッテリーで発熱パッドを加熱して、食品を保温するポーチです。弁当、ハンバーガーなどレンジをかけてから冷めないように保温する目的で作成しました。
コンビニなどで温めてすぐに食べれないときに使用しています。
保温温度は3段階で低温45℃中温52℃高温65℃です。
10000mAhのモバイルバッテリーで高温の場合約2時間です。
ポーチは3重構造で外布、保温シート、ビニールポーチ(液体が漏れたときにパッドが濡れないようにマジックテープで取り外しできるようにしました)
思いついたキッカケ
医療系の仕事なので、たまに温めた弁当がすぐに食べれない場合があり
保温する方法を発熱ジャケットから思いつきました。
特に冬に弁当が冷たくならないので便利です。
アイデア用途
食品の保温が目的ですが、冷たい手を温めること、温かいペットボトルが冷めないように、保温を使用しない時は保冷ポーチとしても使用できます。
アイデアターゲット
すべての年齢層が対象です。
販売希望価格
5000円(バッテリーなし)
タグ
保温、ポーチ、温熱

現在のページをシェア

Comment

  • 2022/09/19 21:20 半田 三郎

    いいですね。試作されているのは分かりやすくていいですね。最近はバッテリーの性能が上がっていて、色々小型の物が作りやすくなっていますよね。こういう現物が見れるのは楽しいし、現実味が増しますよね!

    この投稿に返信
コメントを投稿

※コメントはディスカッションを目的としています。アイデア投稿者からは誰かからのコメントに返信する目的でご利用ください。
アイデア投稿者からの追加コメントは、アイデアの補足説明があるときだけにしてください。